自動車保険とは


自動車保険料の2010年度に一斉値上げになる前に


◇◆【無料】◆◇
家計節約!ママ必見
自動車保険の見積
【保険市場Autos】

交通事故による負傷者の数は年々増加しており、年間115万人以上の人が交通事故に遭っています。

自動車の安全装置普及により、死亡者の数は減少傾向にありますが、それでも年間7000人以上、毎月600人以上の方が交通事故により命を失っているのです。

それは人口の100人に1人が交通事故の被害に遭っている割合になるので、決して他人事ではすまされません。

また、交通事故の加害者になってしまった場合には損害賠償責任を負うことになります。

被害者の医療費や車の修理代だけでなく、財物に損害を与えた場合も含めると、加害者が賠償する金額は相当な額になり、その賠償金額は2億円以上になることも少なくはありません。

普通に生活している人が数億円の賠償金など払えません。

しかし賠償金が払えないと、被害者やその家族は当然のこと、加害者も返しきれない程大金の賠償金を一生背負うことになります。

自動車保険は、交通事故が起きた時の被害者の救済と、加害者の金銭的負担を援助するための制度であり、このような経済的負担に備えるためにあるのです。

自動車保険は、加入が義務付けられている「自賠責保険」と、加入は自由な「任意保険」の2種類に分かれます。


©0からはじめる自動車保険講座